歴史

1954年にジャン=ジャック・ゲラン主導のもと創設されたコルベール委員会の名前は、フランス の歴史上の有名な人物の名前に由来します。

1661年にルイ14世の財政管理をし、王室の建物、美術品、製造品の管理をしていたジャン= バティスト・コルベールは世界にフランスの技術の高さを広めました。

輸出を強化すべく、外国の技術を取り入れながら手工業の創設を奨励したり、海軍の拡張や 港の整備に、また東インド会社や西インド会社の設立に力を尽しました。

コルベールは文化人でもあり、ローマにアカデミー・フランセーズ、またパリにコメディー・ フランセーズを設立しました。

1954年当時のメンバーは15ブランドだったコルベール委員会も、今日では81ブランドが メンバーとなっています。創設から、フランス独自の技術と美意識を体現しています。 メンバーブランドの創業は9世紀から21世紀までと幅広く、13の分野にわたり、フランス流 「美しい暮らし」を象徴しています。1954年創設以来、コルベール委員会は世界に向けて、 フランスのイメージという光を放っています。